六三園の灯篭など 

”・・・主屋をはじめとする10件の建造物が国の登録有形文化財に登録されている。・・・・橋本市出身の事業家で相場師として成功を収めた松井伊助(1865年-1931年)の別邸として大正9年(1920年)から大正時代末にかけて造営された。 敷地面積は約6600平方メートルで、「玄関棟」・「座敷棟」・「二階棟」の3棟で構成される主屋を中心に、南側に回遊式庭園、北側に土蔵、浴室棟などの建造物を配している。 主屋玄関の内装に屋久杉を使うなど贅を尽くした和風建築であり、加えてレンガ造りの給水塔に当時流行した洋風建築の趣も見ることができる。・・・平成17年(2005年)から「がんこフードサービス」が運営を引き継いでいる。・・・”(Wikipediaより)


AEMX20161225_0142.jpg


AEMX20161225_0145.jpg


AEMX20161225_0147.jpg


AEMX20161225_0164.jpg


AEMX20161225_0171.jpg


AEMX20161225_0183.jpg


AEMX20161225_0186.jpg


AEMX20161225_0188.jpg


AEMX20161225_0154.jpg

10
AEMX20161225_0163.jpg

オリンパス OM-D E-M10 MarkII M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

がんこ和歌山六三園
和歌山県和歌山市堀止西1-3-22

気に入っていただけましたら、1日1回ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

zuboratarou  様

見事な庭園ですね
灯篭の種類の多さには驚きを覚える程です
4枚目
近代的なセンスの灯篭ですね

Re: zuboratarou  様

りらさん、思わず長居してしまいました^^
4枚目、臼(?)をこのように利用しているのは初めて見ました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zuboratarou.blog80.fc2.com/tb.php/5737-53c893b3