石峰寺(5) 

1.若冲の墓
石15

2.同上
石9

3.歌碑
石7

4.切支丹?
石8



撮影場所:黄檗宗 百丈山石峰寺(せきほうじ)
所在地:京都市伏見区深草石峰寺町26
アクセス:京阪電車 深草駅下車 徒歩約5分
      JR奈良線 稲荷駅下車 徒歩約8分
拝観料:300円
カメラ:ニコンD50 AF-S DX VR ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)
           シグマ10-20mm F4-5.6 EX DC/HSM
関連記事
スポンサーサイト

石峰寺(4) 

江戸時代の画家伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)(1716~1800)が下絵を描き,石工に彫らせたという五百羅漢です。
伊藤若冲の展覧会が、京都相国寺承天閣美術館で催されましたが、7月4日からは、東京国立博物館で開催されるようです。


1.涅槃
石峰11

2.説法場
石峰13


石峰10


石峰9


石峰12


石峰8


撮影場所:黄檗宗 百丈山石峰寺(せきほうじ)
所在地:京都市伏見区深草石峰寺町26
アクセス:京阪電車 深草駅下車 徒歩約5分
      JR奈良線 稲荷駅下車 徒歩約8分
拝観料:300円
カメラ:ニコンD50 AF-S DX VR ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)
関連記事

石峰寺(3) 

江戸時代の画家伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)(1716~1800)が下絵を描き,石工に彫らせたという五百羅漢です。


石峰1


石峰2


石峰3


石峰4


石峰5


石峰6


石峰7


撮影場所:黄檗宗 百丈山石峰寺(せきほうじ)
所在地:京都市伏見区深草石峰寺町26
アクセス:京阪電車 深草駅下車 徒歩約5分
      JR奈良線 稲荷駅下車 徒歩約8分
拝観料:300円
カメラ:ニコンD50 AF-S DX VR ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)
関連記事

石峰寺(2) 

受付で、薮蚊除けの団扇を貸していただくか、スプレーをしていただいて、裏山に登っていくと、沢山の石仏が待ってくれていました。

1.下に石仏が安置されています
石12

2.ここにも
石13

3.少しアップで
石14


撮影場所:黄檗宗 百丈山石峰寺(せきほうじ)
所在地:京都市伏見区深草石峰寺町26
アクセス:京阪電車 深草駅下車 徒歩約5分
      JR奈良線 稲荷駅下車 徒歩約8分
拝観料:300円
カメラ:ニコンD50 AF-S DX VR ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)
           シグマ10-20mm F4-5.6 EX DC/HSM
関連記事

石峰寺(1) 

宝永年間(1704~1711)黄檗宗第六世千呆(せんがい)禅師創立の黄檗(おうばく)宗の寺。裏山に、画家伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)(1716~1800)が下絵を描き,石工に彫らせた五百羅漢がある。これらは釈迦誕生から涅槃にいたるものを中心とし、諸菩薩、羅漢が安置されている。

1.参道入口
石1

2.竜宮風赤門
石2

3.門を入るとアジサイが
石3

4.特徴の卍が
石4


石5

6.石段を上がり赤門を潜って五百羅漢に会いに行く
石6


撮影場所:黄檗宗 百丈山石峰寺(せきほうじ)
所在地:京都市伏見区深草石峰寺町26
アクセス:京阪電車 深草駅下車 徒歩約5分
      JR奈良線 稲荷駅下車 徒歩約8分
拝観料:300円
カメラ:ニコンD50 AF-S DX VR ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)
           シグマ10-20mm F4-5.6 EX DC/HSM
関連記事

抽象文字? 

ちょっといつもと違う写真を求めて、色を変化させてみました。
気分転換


カメラ:キヤノン EOS Kiss デジタルN EF135mm F2.8
関連記事

ある日 

困った時の、なんばパークス頼みです。
買物のついでに、ちょっと寄れるので便利です。


パーク1


パーク2


パーク4


パーク3


パーク5


パーク6


撮影場所:なんばパークス
所在地:大阪市浪速区難波中2-10-70
アクセス:南海電鉄「なんば駅」下車すぐ
     地下鉄「なんば駅」より南へ徒歩5分
なんばパークスHP
カメラ:キヤノン EOS Kiss デジタルN EF135mmF2.8 中間リング使用
関連記事

宝塔寺 

嘉祥年間(848-51)藤原基経が創建した真言宗極楽寺が前身。徳冶2年(1307)住持良桂が日像に帰依し、日蓮宗に改宗。日像の没後、宝塔寺と改称した。本堂は、1608年(慶長13)の建立で、日蓮宗本堂としては京都最古。総門、多宝塔とともに重文。
平成14年度に、本堂解体修理の大工事が竣工した。
100米の山上に、七面大明神を祀る七面宮がある。
(以上、京都市観光情報システムによる)
時代劇のロケにも使われているそうです。

1.四脚門(総門)(室町時代)重要文化財
宝1

2.境内
   左右に塔頭が並んでいます
宝2

3.仁王門
宝3


宝4


宝5


宝6


宝7

8.仁王門の天井画
   約250個の牡丹の花やつぼみが描かれています
   長期間その存在が知られていなかったが、本堂の修復を進めていた府教委が発見し、
   寺の意向で、平成13年1月におよそ300年ぶりに復元されたものだそうです。
宝8

9.本堂
宝9

10.多宝塔(室町時代)重要文化財
宝10

11.五重塔と太鼓楼
    階段を登っていくと七面山
宝11

12.高麗門
宝12


宗派:日蓮宗妙顕寺派
山号:深草山
拝観料:境内自由
所在地:京都市伏見区深草宝塔山町32
アクセス:京阪電車深草駅下車 徒歩約10分
      JR奈良線稲荷駅下車 徒歩約10分
カメラ:ニコンD50 AF-S DX VR ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)
           シグマ10-20mm F4-5.6 EX DC/HSM
関連記事

アザミ 

タイマー投稿です。


アザミ1


アザミ2


アザミ3


カメラ:キヤノン EOS Kiss デジタルN EF135mm F2.8
関連記事

捩木(ねじき) 

馬酔木に似た、可愛い花です。
(タイマー投稿です)


ねじき1


ねじき2


撮影場所:大和文華館
カメラ:キヤノン EOS Kiss デジタルN EF135mm F2.8
関連記事